当ブログがisland teaのHPで掲載中

フィリピンで人気のフィリピンのチョコレート10選

こんにちは、なやたね(@nayatane_cebu)です。

フィリピンのお土産にチョコレートを買いたいんだけど、何がいいんだろう?

留学生

なやたね

今回はフィリピンのチョコレートを紹介するよ!

 

今回はセブ島で人気のチョコレート10選を紹介します。

女性へのお土産にも!

①Annie’s Hany Milk Chocolate

価格:20ペソ(約40円)

甘さレベル3.5/5

2ペソ(約4円)でバラ売りもしているチョコレート

日本人好みの甘さでサイズ的にも口に入れやすい!

テイストは粉砕したピーナッツとココアタイプのチョコレートが混ざり合っていて美味しい。

年齢を愛されているチョコレート!

②Curly Tops

価格:24.50ペソ(約50円)

甘さレベル4/5

チョコレートの上部には小さなカールがいくつかあり、見た目もか可愛い!

テイストはとても甘く、口の中に後味が強く残り、中のチョコレートが滑らかに口に広がります。

③Flat Tops

価格:15.50ペソ(約30円)

甘さレベル4/5

Flat topsは、カーリートップスとほとんど同じ成分を使用しているので同じ味がしますが、形と色が少し異なります。

フラットトップはカーリートップに比べて色が薄く、口溶けはあまりしませんが、滑らかな質感と後味の良さで差別化されている。

④Puff

価格:39.50ペソ(約80円)

甘さレベル4/5

1パック30個入りでライス+チョコレートという少し変わったチョコレートです。

テイストは米のサクサク感に少し甘めなチョコレートを使用しており、絶妙なバランスに仕上がっています。

⑤Nips White

価格:12.50ペソ(約25円)

甘さレベル5/5

甘党におすすめ!

今回紹介するチョコレートの中で1番甘いチョコレートです。

とても美味しいですが、一気には食べられないくらいの甘さを持っています。

⑥Goya

価格:各20.00ペソ(約40円)それぞれ

甘さレベル3/5

口の中でとろける甘いタイプのチョコレートを食べたいならミルクチョコレート味のゴヤがおすすめ!

ビタースウィートタイプのチョコレートを食べたい場合は、口の中で溶けにくく、少し固めのダークチョコレート味のゴヤがおすすめ!

どちらも甘すぎない美味しさがあります。

⑦Hello! Chocolate flavor

価格:40ペソ(約80円)

甘さレベル4.5/5

NIPSの甘さとは異なり、チョコレート風味のウエハースが入っているチョコレートです。

外側にチョコレートの非常に厚いコーティングがありウエハースの各層にもチョコレートが含まれているため2重の甘みが楽しめます。

Hello!にはバニラ味も有り、チョコレート風味に比べて甘すぎずチョコレート部分がバニラクリームになっています。

⑧Beng beng

価格:33.50ペソ(約70円)

甘さレベル3.5/5

ライスクリスピー、キャラメル、ウエハース、チョコレートなど、多くの成分が含まれています。

噛みごたえのあるチョコレート!

⑨Choco Mucho

価格:各7.95ペソ(約15円)それぞれ

見た目は微妙ですが、美味しいです。

キャラメルとチョコレートをカバーしたライスクリスピーがサクサク感を演出してくれて美味しい!

ブルーはホワイトチョコレートで出来ており、パープルと比べて甘過ぎない。

⑩クラウド9

Whiteの価格:7.50ペソ(約15円)

Choco Fudgeの価格:8.50ペソ(約17円)

甘さレベル2.5/5

ナッツとキャラメルが入った噛みごたえのあるチョコレートを食べたい人におすすめ!

さまざまな種類がありますが、有名なのはチョコファッジとホワイトです。

ホワイトの方が若干甘さが控えめになっています。

テイストはナッツの味がチョコレートの味を圧倒しており、その後にキャラメルが追いかけてくる感じで美味しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です