当ブログがisland teaのHPで掲載中

【明日会社に行きたくない】上司を黙らせる退職論「にげる」は戦略!

こんにちは、なやたね(@nayatane_cebu)です。

この会社辞めたい。明日会社に行きたくないなー

社会人

なやたね

僕も勤務時間中に、このまま逃げ際の怪盗かの如く、そそくさととんずらしてやりたい!そんな気持ちでした。

 

この記事の内容
  • 会社から正しくにげる
  • 会社からにげるメリット
  • 会社からにげるデメリット
  • 会社からにげた後の話

今の会社が嫌だったら即にげしましょう!

その会社にいればいるほど時間の無駄です。

この記事を最後まで読めば、会社からにげる勇気と退職経験豊富な僕の経験論が分かります!

会社から正しくにげる

にげることで成長出来るのであれば、にげることは寧ろプラス!

正しくにげる
  • 精神面
  • 金銭面
  • 人間関係

退職は「精神面」「金銭面」「人間関係」の引き算!

守るべき優先順位は精神面>金銭面>人間関係

いかに損失を減らすかが鍵です!

金銭面以外にも、精神面や人間関係にも赤字が存在することを意識すること!

精神面

 

まずはいつにげるかを決めましょう。

それまで我慢出来ない場合はそれでもOK!

トラウマや鬱病などの精神病になった場合の方が後々の社会復帰に悪影響。

無理をした方が人生をロスすることなりますよね。

最低1年は会社に所属しないととか、石の上にも3年とか言っている人もいますが、そんなのは汗水垂らして一生懸命働け世代の生きた化石論に過ぎません。

そんな石は蹴り飛ばしてOK!

転職がカジュアルに行える時代なので、例え勤続年数が極端に短くてもダンボールで山を作ったり、穴ほって埋めるだけの仕事しかないということはありません。

物余りのこの国において職歴に少し傷がついた程度で高校生と肩を並べて働く将来しかないならそれこそ国家単位の問題ですよね。

心の赤字を作らないために、無理だと思ったら躊躇無く辞めましょう!

金銭面

 

目安としてはこの3つのどれかの後です。

1番利益のあるタイミングでにげる
  • 賞与支給日
  • 有給付与日
  • 失業保険権利確定日

残っている有給休暇は全て使用しましょう!

目的は自分の利益最大化

人間関係

 

退職を伝える順番は、絶対に直属の上司→仲の良い同僚の順番です。

上司を飛び越してさらに上に報告したり、上司に報告する前に同僚の間で噂になったりしたら面倒なことになります。

上司より上の立場の人に退職について話す場合は、上司の指示に従うこと!

どれだけ人間関係が悪くても、これは徹底してください。

上司自らの自己啓発あなたへの余計なお世話のダブルパンチを喰らわされたとしても反論せずに堪えてください。

去り際のファイナルバトルは、自分にマイナスこそあれどプラスになる要素は一切ありません。

出来る限り波風立てずに辞めましょう!

本当無理な場合は退職代行も有りですが、お金が掛かります。

会社からにげるメリット

会社からにげるメリット
  • 時間の有効活用が可能
  • ストレスからの解放
  • 辞めたい欲が満たされる

もう会社を辞めるなんて根気が無いとか、どこの会社に行っても通用しないと言われたとしても、長く会社にぶら下がっている社員の自分を肯定し、あなたを見下したいだけなのでスルーでOKです。

先進国日本において長く働き続けない奴は悪といった途上国時代の風潮を持ち出して煽られたり、罵られても我慢。

奮起して惰性で働き続けたところで虚無感とかりそめの成長しか得られないのは自分が1番分かってますよね。

よって、何を言われても反論するだけ時間の無駄です。

一言で言うと会社を辞めたい欲は、会社を辞めることでしか満たされない!

会社からにげるデメリット

会社からにげるデメリット
  • 辞める勇気が必要
  • 次の転職先を探すのに焦る
  • キャリアに不安を抱える

これは確定事項です!

辞める時は勇気が入りますが、辞めると伝えた後は開放感に満ち溢れます。

特に退社日は会社をバックに空を見上げ、もう2度とここに来ることが無いと言う思い出の回想と自分の判断を称えることに満足。

自分の悩みの大半を占めていた会社とグッバイフォーエバー出来るので当然ハッピータイムですが、その反動もあります。

その後襲ってくるのは、急いで仕事を探さないといけないという焦り!

資本主義社会の日本において、お金を持っている人が正義とするならば、お金を稼げる立場にいる人も正義と言えるでしょう。

人間はソーシャルな生き物なので、他人と比べ劣ってると感じると頑張らなければいけないという衝動に襲われます。

働いている人と自分と比べ劣等感を味わい、酷い時には社会全体から見下されている感覚を味わう。

会社からにげた後

会社を辞めた後は、精神的に不安定。

就職をしないといけないという悩み1点に全力を注ぐことになります。

会社を辞めた後の精神状態
  • 無理に転職活動を頑張ったせいでますます自分を追い込み、何の成果もあげられず絶望
  • 他人と自分を比較して勝手に自滅することで失意のどん底へ向かって行く

資本主義の格差に直面する瞬間の訪れ。

しかし自分が成長しないまま、精神的に焦った状態で転職をしたところで良い結果が出る可能性は低いですよね。

転んで脚を怪我しているのに、全力疾走をしたらまたすぐに転びます。

逆に自分が成長して精神的に安定した状態で転職をすることで、良い結果に結び付く可能性を上げることは可能とも言えますよね。

そんな自分を救えるのは自分しかいない!

転職前のあなたに必要なこと
  • 精神状態をリフレッシュさせること
  • 転職先をじっくり決めること
  • スキルアップをすること

逃げの生き様から成長していくこと!

フィリピンのセブ島に留学
  • 非日常的な海外で精神を安定させる
  • 海外から今は転職活動が出来ないと自分への言い訳が出来る
  • 資本主義の日本の価値観以外の海外の価値観を学べる
  • スキルアップとして英語が学べる

フィリピンのセブ島であれば、1ヶ月30万円前後で留学が可能。

留学後は失業保険を受給して、後悔の無い転職活動をすることを視野に入れるのも有り。

追い込まれた精神状態で転職をしてまた同じジレンマにはまったり、すぐに会社を辞めるくらいであれば自分の精神面をリフレッシュして自分に合った会社をじっくり探す方が格段に安上がり。

ここまで長々と書き綴ってきましたが、実際僕も退職をして海外ににげた経験が有りです。

配られたカードで戦うしかない転職市場において、自分の手札が強くないと思うのであれば、海外留学での経験は切り札級。

会社に伝える退職理由を留学にしてもOK!

あなたの健闘を祈ります!

セブ島留学について留学エージェントに無料相談

【初心者向け】セブ島留学でおすすめの留学エージェント3選

セブ島留学に行くには何が必要か?

【初心者向け】セブ島留学(費用・期間・英語力)どれくらい必要? 【初心者向け】セブ島留学(費用・期間・英語力)どれくらい必要?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です