当ブログがisland teaのHPで掲載中

【思い出ノート】Gabaマンツーマン英会話の体験談②バイリンガルのレッスン

こんにちは、オンライン英会話・英会話スクールを経て、セブ島(フィリピン)留学の夢を叶えたなやたねです。

 

なやたね

今回は、英語初心者の僕がGabaマンツーマン英会話に通い始めてから卒業するまでの話をしていきます。

 

2年間Gabaに通い、レベル1(最底辺)からレベル4(日常会話レベル)になった僕の体験談。

 

当時の心境や、英語の上達などを中心に書いていきますので、Gabaマンツーマン英会話のリアルな姿をイメージ出来ると思います。

 

話の前半はGabaマンツーマン英会話のレッスンの話、後半は社会人が留学を決意する話の2部構成(全8回)で進めていきます。

 

Gabaマンツーマン英会話の無料体験レッスンの体験談はこちら!

【英語初心者】Gabaマンツーマン英会話無料体験レッスンに行った感想

 

「思い出ノート」のパート1はこちら!

【思い出ノート】Gabaマンツーマン英会話の体験談①入会後初レッスン

 

 

それでは「思い出ノート」のパート2です。

 

この記事を書いている人

Gabaマンツーマン英会話バイリンガル講師のレッスン

初めてのバイリンガル講師のレッスンを前に、僕は少し悩んでいました。

 

挨拶は「こんにちは」なのか「HELLO」なのか、どっちなんだ?

 

そうこうしている内にレッスン開始のチャイムが鳴り、レッスンブースに行くと、そこには40代くらいの日本人女性!

 

幸い先生は僕よりも年上だったので、安心!これは、「こんにちは」だと確信。

 

そして、いつも通り挨拶から始まる訳ですが、バイリンガル講師の口から出た言葉は「HELLO」。これまでの外国人講師と同じように、外国人が話す独特の挨拶に感じました。

 

余計なことを考え過ぎたと思いながら、「HELLO」で返しましたが、バイリンガル=日本人講師だから日本語混じりでレッスンをするのかと思っていた僕にとって、何とも言えない感じに・・・。

 

先生はバイリンガル講師と言えど、一切日本語を使わない。

 

ここがGabaでなければ、「うちにはワンチャンが3匹もいて朝から大変なのよ〜」的な世間話から始まりそうではありますが・・・。

 

「How’s it going(調子はどう?)」からスタートしたことにより、英語が話せない僕でさえも「あ、普通に外国人とレッスンした時と同じ感じだ」と読み取れました。

 

レッスンが始まる前までは、分からないところがあったら日本語で助けて貰おうなんていう甘い考えが有ったものの、レッスンが始まってからは、「ここで日本語を使ったら負けな気がする」そう思っていた記憶があります。

 

寧ろ「この先生は日本語が話せるのだろうか?」というレベルで完璧に英語オンリー。

Gabaマンツーマン英会話のバイリンガル講師のレッスンを受けた感想

ここまで丁寧に「接続詞を使った自然な発音」に重視して教えてくれた講師は、僕のGaba経験を思い返しても見ても、このレッスンが1番だったと感じます。

 

実際にバイリンガル講師のレッスンを受講した成長分はこんな感じ。

 

これまでは、「I’m  a teacher at an elementary school(私は小学校で先生をしています)」の読み方を「アイム ア ティーチャー アット アン エレメンタリースクール」と読んでいた僕ですが・・・。

 

「アイマ ティーチャー アタ ネレメンタリースクール」になりました。

 

I’ma / teachera / ta / nelementary school

 

別例だとこんな感じです。

 

「I work at a real estate company」(私は不動産会社に勤めています)も、I worka / ta / real estate company(アイ ウォー カタ リアル エステート カンパニー)

 

確かにネイティブの発音速度は、超早いので聞き取りにくいですが、こんな感じのブーストを使っていたのかと納得のレッスンでした。

 

今までは、ネイティブが新幹線だとしたら僕は鈍行でした。しかしこのバイリンガルの先生のレッスンを何度が受けたことにより、区間急行くらいにはなれた気がします。

 

簡単だと思っていたフレーズですら、話すとなると別物だということを理解し、「これは上達する!」と感じることに!

Gabaマンツーマン英会話の日本人カウンセラーに相談してみた

「この発見を誰かに伝えたい」そう思った僕は、カウンセラーに相談しました。

 

「ちょっと相談していいですか?」と言えば、Gabaはカウンセラーはいつでも話を聞いてくれます。

 

「いつもすみません」

 

僕は、発音が良くなったことについて、カウンセラーに熱く語り(10分くらい)、前回のカウンセリングのお礼に加えて、次のレッスンのおすすめの先生を聞きました。

 

カウンセラーも喜んでくれて、親身に相談に乗ってくれたので、このカウンセラーに賭けてみるかという気持ちで、相談は多めにする代わりに、全て「Yes」で答えてみることを決意。

 

経験を積むために、色んな国の先生と話してみませんか?

 

カウンセラーにそう言われたので、早速レッスンの予約を取ってもらうことに・・・。

 

次回は僕にフィリピンのセブ島留学に行くきっかけをくれた講師とのレッスンについて書きます!

 

【思い出ノート】Gabaマンツーマン英会話の体験談③フィリピン人のレッスン

 

無料体験レッスンはこちら!

このまま狭い世界だけしか知らない人生は退屈ですよね。

 

Gabaマンツーマン英会話の詳細についてこちらの記事でまとめています!

Gabaマンツーマン英会話の口コミ・評判を2年通った筆者がレビュー