当ブログがisland teaのHPで掲載中

【徹底解説】セブ島(フィリピン)の移動手段【ぼったくられるのは留学の登竜門】

【徹底解説】セブ島(フィリピン)の移動手段【ぼったくられるのは留学の登竜門】

セブ島(フィリピン)は、ぼったくりタクシーが多いみたい。何か対策や見分け方は?ないかな?

社会人

なやたね

セブ島(フィリピン)の移動手段をまとめました。ぼったくり対策や、ぼったくりの見分け方も解説しています。

 

僕もセブ島(フィリピン)に行く前までは「タクシーなんて乗ったら絶対ぼったくられるに決まってる!」と思っていました。

 

しかし、電車のないセブ島(フィリピン)で、徒歩のみで行動するというのは相当厳しいです。

 

現実を受け入れて、タクシーやバイクタクシーに乗っていましたが、僕は何も知らなかったので「最初の内はぼったくられてました」と言うよりも「ぼったくられる行動をしていた」と言うべきかもしれません。

 

なやたね

まさにカモです!ぼったくられることは、セブ島(フィリピン)留学の登竜門でもあります。

 

何度か経験を積み、今となってはこんなに便利で安い移動手段だと思ってます!

 

そんな、なやたね(@nayatane_cebu)がセブ島(フィリピン)の移動手段について解説します!

 

なやたねプロフィール①

 

この記事を最後まで読むメリット

  • セブ島(フィリピン)の移動手段を知ることが出来る
  • ぼったくられる予定だった金額が浮く
  • タクシーやバイクタクシーでカモられない日本人の育成

 

こんな特徴の記事

  • セブ島で働く人にヒアリング
  • 適性価格の検証
  • 貸切りでの写真撮影

 

全ての移動手段に金額を記載しますが、1ペソ=2円〜2.5円程だと考えてください。

セブ島(フィリピン)の移動手段①ジプニー

セブ島(フィリピン)の移動手段①ジプニー

なやたね

ジプニーは、ローカル感が強く観光客には敷居が高いと言われていますが、この乗り物が一番安い移動手段なので利用しない手はありません!

 

  • ジプニーとは
  • ジプニーの乗車料金
  • ジプニーの時刻表とルートマップ
  • ジプニーの注意点
  • ジプニーの乗り方と降り方の流れ(写真で解説)

ジプニーとは

 

セブ島(フィリピン)の移動手段として現地の人に愛されている激安バス(ジプニー)

 

目的地が決まっていて安く移動をしたい場合は、ジプニーを使いましょう!

ジプニーの乗車料金

 

  • 初乗り4キロは9ペソで乗車可能
  • その後は1キロにつき1ペソずつ料金が上がる。

 

※距離が遠い場合は、10〜20ペソとなります。

 

なやたね

この前までは初乗り8ペソでしたが、最近9ペソに値上りしました。

 

料金例
10.5キロ先までジプニーで行きたいのならば、初乗り9ペソ+1キロあたり7ペソ追加=16ペソの支払いです。
※因みに、同じ例で現地の学生に当てはめると、学生パスを見せることで初乗り8ペソ(学割)+1キロあたり7ペソ追加-1ペソ(学割)=14ペソの支払いです。
学割が利いているだけなので、支払う額が違くてもぼったくりではありません。

 

なやたね

詳しくは後述しますが、ジプニーの場合は、ぼったくりより、盗難やスリに注意!

 

おそらく日本人観光客で4キロ以上ジプニーに乗る人は少ないかとは思いますが、遠出する場合は予め運転手か添乗員に料金の確認と、降りたい場所を伝えると良いです。

 

停留所が近付いてきたら、運転手が声を掛けてくれますよ。

ジプニーのルートマップ

 

ジプニー自体は24時間走っていますが、時刻表がありません。

 

どのジプニーがどこに行くのかなどを細かく調べたい場合は、CEBU JEEPNEYS ROUTE MAPで調べることが出来ます。

 

ジプニーの番号によってルートが決まっていますので、予め調べておいて乗車するようにしましょう。

 

初めてジプニーに乗る場合、今自分がどこにいるのかを把握するためにGoogleマップを使用して乗車すると安心です!

 

なやたね

僕も初ジプニーの時は、見慣れない街並みが多過ぎて、降りたい場所を過ぎてしまっていないか不安になった経験があります。

ジプニーの注意点

 

  • 車内は狭いのでカバンやバックを空けないようにしましょう
  • 極力車内ではスマホは見ないようにしましょう
  • 大きい荷物や大金は持って行かないようにしましょう
  • 出しやすいところに小銭を用意しておきましょう(料金は9ペソ〜20ペソです)
  • 乗り降り禁止区間禁止区間ではジプニーに乗車しないようにしてください

 

ジプニーは、ローカルな乗り物なので、お金や荷物の盗難やスリには注意!

 

初めてジプニーを利用する場合は、時間の余裕がある時に、練習気分で使ってみるのも有り。

 

因みに、車内は満席になることも多いので、かなり暑いです。

 

なやたね

ジプニーは慣れるまでが大変。慣れてしまえば格安移動手段とし便利。

ジプニーの乗り入れ禁止区間

ジプニーの乗り入れ禁止区間

なやたね

ジプニーの乗り入れ禁止区間には、このような看板が立っています。

 

このエリアではジプニーに乗り降り出来ないので注意!

 

そこまで神経質になる必要はありませんが、乗り入れ区間があるということは覚えておきましょう!

ジプニーの乗り方

 

手順1
ジプニーに乗る
停留所もしくは、信号などで停車しているジプニーに乗ります。
手順2
目的地が近いてきたら
車内上部の鉄棒を小銭を当てて合図をするか、声をあげるか、口笛を吹いて知らせます。
手順3
お金を払う
お金を運転手側の乗客に渡して運転手まで回してもらう。 
手順4
ジプニーから降りる
ジプニーが止まったら降りましょう。 

 

ジプニーの停留所

ジプニーの停留所①

ジプニーの停留所②

なやたね

この電柱に巻かれている黄色が目印が、ジプニーの停留所。この辺で待っていれば、ジプニーに乗れます。

 

セブ島(フィリピン)は日差しも強いので、日陰がある停留所は人気!

 

ジプニーの正面の見方

このジプニーはPANACAN→CABAGUIO経由→ROXAS AVENUE行きだということが分かります。

ジプニーの正面


ジプニーの側面の見方

側面にはさらに詳しく停留所の情報が書いてあります。

ジプニーの側面


ジプニーの背面の見方

乗降口は後ろ側にあります。普段は係員が立っているので、乗りたい時はジプニー声を掛けてください。乗るタイミングで行き先を伝えることをオススメします。

ジプニーの背面


ジプニーの運転席

普段は運転席と助手席にドライバーとジプニーの係りの人が座っています。お金を渡す時は、どちらかの人に渡してください。(お金を渡すのは降りる時)

ジプニーの運転席


ジプニーの客席

乗客はここに横並びで座ります。自分が降りたい時は、お金を運転手側の別の乗客に渡して、運転手まで回してもらいます。乗客から乗客へお金が渡って行き、最後は運転手までお金が渡って支払い完了。

ジプニーの客席


ジプニーの上部

降りたい時はこの鉄の棒に小銭を当てて音で合図をしてください。近くの停留所に止まってくれます。

ジプニーの上部


セブ島(フィリピン)の移動手段②タクシー

セブ島(フィリピン)の移動手段②タクシー

なやたね

続いて、セブ島(フィリピン)のタクシーについて解説します。

 

セブ島(フィリピン)のタクシーは3種類あります。

 

  • メータータクシー
  • エアポートタクシー
  • Grabタクシー

 

始めに乗車料金についてまとめます。

 

タクシー毎の乗車料金比較
タクシーの種類初乗り価格追加料金特徴
メータータクシー40ペソ1分毎に2ペソ追加、1キロ毎に13.5ペソ追加1番安いがぼったくりの可能性がある
エアポートタクシー70ペソ300メートル毎に4ペソ追加空港往復専用でメータータクシーより1.3倍〜1.5倍くらいになる
Grabタクシーアプリに記載されている金額幅範囲配車手数料が掛かるぼったくられないが、配車手数料が掛かる

 

※間違った金額の情報や昔の金額の情報が出回っているので、マクタンセブ空港のページを貼っておきます。

 

上記の金額を踏まえた上で、タクシーについて解説します。

メータータクシーの乗車料金と特徴

メータータクシーの乗車料金と特徴

市内を走っている白いタクシーです。

 

かなりの台数走っているので、セブ島で見かけるタクシーのほとんどがメータータクシー。

 

利用しやすく、乗車料金もタクシーの中では安いのですが、ぼったくりの報告が多いのがメータータクシーです。

 

メーター計算はこんな感じ。

セブ用のタクシーのメーター計算

料金例
9分14秒乗車して3.2キロ乗りました。支払い価格は98.50です。金額の内訳は、初乗り40ペソ+9分×2ペソ+3キロ×13.5ペソ=98.50ペソの支払いです。※秒・メートルの端数は切り捨てになります。

エアポートタクシーの乗車料金と特徴

エアポートタクシーの乗車料金と特徴

空港と市内を往復している黄色いタクシーです。

 

通常のメータータクシーとはタクシー会社が異なり、マクタン(セブ)空港で就労を許可された会社のタクシー。

 

空港に行く時以外は、ほぼ乗ることはないと思います。

Grabタクシーの乗車料金と特徴

Grabタクシーの乗車料金と特徴

配車アプリGrab対応のタクシーです。

 

Grabアプリを使ってタクシーを呼ぶと、近くを走っているGrabタクシーが自分の現在地に迎えに来きてくれます。

 

ぼったくりの可能性は低いのですが、Grabアプリ内の金額+手配手数料になります。

Grabアプリ内の金額+手配手数料

Grabタクシーの料金例
最低価格で計算しても106ペソ+25ペソ(配車手数料)=131ペソの支払いになります。

Grabタクシーのメリットとデメリット

 

Grabタクシーのメリット

  • 金額幅が決まっている状態で乗車が出来るので安心
  • ドライバー情報・ドライバーの評価・車種情報がアプリで分かる
  • ぼったくられる心配が無い
  • 大型のタクシーも呼べる
  • タクシーやバイタクがいない時に役立つ

 

Grabタクシーのデメリット

  • タクシーやバイタクが常に走っているので特に使う必要が無い。
  • 通常のメータータクシーで移動する方が安い
  • 配車依頼をしたGrabタクシーを探すのがめんどくさい

 

Grabタクシーを予約した場合、Grab乗り場に行く必要があります。

Grab乗り場

意外と見つけるのめんどくさかったりしますし、大きいショッピングモールにいる時などは、タクシーが到着した位置(東側、西側等)マップでは追いきれない部分があり、時間が経っても見つけられない場合は、ドライバーから電話が掛かってきます。

 

なやたね

手際が悪くてドライバーに帰られてしまったこともありました。

 

それでもGrabタクシーが人気なのは、セブ島(フィリピン)ではメータータクシーのぼったくり報告が多いからです。

 

Grabアプリについてこちらの記事で記載記載していますので、興味があればあわせて読んでみてください。

【みんな使ってる】セブ島留学で役立つ無料アプリ9選【丁寧に解説!】

セブ島(フィリピン)のタクシーのぼったくり

 

セブ島(フィリピン)で一番安いタクシー=メータータクシーということになりますが、ぼったくられなかったらの話になります。

 

よくあるぼったくりはこんな感じ。

 

  • そもそもメーターが付いていない(正規のタクシーでは無い)
  • メーターにいたずらされていて高速カウントアップする
  • メーターを使えと言ったのに使わないで高い金額を請求
  • 価格交渉した金額より高い金額を請求

 

タクシーでのぼったくりについての対処法は、こちらの記事で解説していますので、あせて読んでみてください。

【被害者多数!】セブ島のタクシー・バイクタクシーのぼったくり

セブ島(フィリピン)の移動手段③バイタク

セブ島(フィリピン)の移動手段③バイタク

なやたね

続いてバイクタクシーになります。

 

  • セブ島(フィリピン)のバイタクの乗り方
  • セブ島(フィリピン)のバイタクの乗車料金
  • セブ島(フィリピン)のバイタクの注意点

 

バイタクに乗る気がなくても、現地で出会った友達とノリで「バイタク乗ろうよ!」となるケースもあったりしますので、知っておきましょう。

 

初回は僕も超ビビってましたが、バイタクに慣れてしまえば、風は爽快だし、値段も安く、小回りも利くので、非常に便利

セブ島(フィリピン)のバイタクの乗り方

セブ島(フィリピン)のバイタクの乗り方

バイクに乗るのが初めてという方もいると思うので、バイタクの乗り方を書きます。

 

手順1
ヘルメットを被る
セブ島(フィリピン)はバイク事故が多いので、ヘルメットはしっかり被りましょう
手順2
脚は足元のバーに置く
バーがたたまれていることがあるので、乗る前に確認しましょう
手順3
乗車する
向かって右後ろに排熱口がありますので、気を付けましょう
手順4
乗車後
腕は背後の取手を両手で掴みましょう
手順5
降車時
向かって右後ろに排熱口がありますので、気を付けましょう 

 

バイクに乗った経験が無いと結構怖いですよね。

 

僕もバイクと無縁の生活を送ってきたので、全く知識が有りませんでしたが、1度乗ったら楽しいので、また乗りたくなります。

セブ島(フィリピン)のバイタクの乗車料金

 

セブ島では1.5キロで20ペソ前後が相場ですが、基本的には言い値なので価格交渉をする必要があります!

 

参考にバイタクの適正金額はこんな感じ。

値段交渉参考例①
JYスクエア→ITパーク
適正予算:片道20ペソ(約1.5キロ)
グーグルマップで見る
値段交渉参考例②
適正予算:片道40ペソ(約3キロ)
JYスクエア→マンゴーストリート
グーグルマップで見る
値段交渉参考例③
JYスクエア→TOPS(約9.4キロ)
適正予算:片道150ペソ
グーグルマップで見る

 

バイタクとの価格交渉についてですが、大抵は「へい、どこいくの?乗ってかない?」的な感じでバイタクの方から話しかけてきますので、乗りたい場合は、交渉をして乗ることになります。

 

なやたね

バイタク乗り場は、新宿歌舞伎町のキャッチレベルの振る舞いです。

 

100%高値から言ってきますので、必ずディスカウントしてください!

 

ぼったくろうとしているというよりは、「価格交渉」の一貫で、まずは高値から言ってこられてる感じですので、価格交渉無しの価格で応じてしまうとカモられることになります。

 

大体の場合、中間値が落とし所になるので、こちらも安値から交渉を始めましょう!

 

なやたね

価格交渉で一番効くのが、「高い!と言ってから帰るフリをすること」です。急にディスカウントしてくれます。

 

TOPS(トップス)に行くときは注意
  • 山の上のレストラン(トップス)近くにタクシーやバイタクはいません。
  • 往復300ペソ+待機費用50ペソ/per hourで交渉してください。
  • 待機費用が掛かっても絶対にバイタクもしくはタクシーを待機させておくことをオススメします。

セブ島(フィリピン)のバイタクの注意点

セブ島(フィリピン)のバイタクの注意点

価格交渉意外にもバイタクには気を付けないといけない注意点があります。

 

  • 小銭を持っておくこと
  • 乗車中も引ったくられる可能性がある
  • 足場のスタンドが上がっていないことがある
  • マフラーに気を付けること
  • 安全管理が出来てないバイタクには乗らない

 

小銭を持っておくこと

 

バイタクのドライバーがお釣りを持っていないことも結構有ります。

 

特に大きいお金(500ペソ札、1000ペソ札)の使用は控えましょう!

 

よくあるパターン
  • お釣り無いからチップでくれと言われる
  • 近くのガゾリンスタンドで両替させられる

 

僕も1度だけガソリンスタンドで両替えさせられたことが有ります。その時は、1000ペソ札を両替して手数料で20ペソ取られました。ほぼバイタク代金と同額でした。

 

なやたね

「俺の友達がやってるガソスタがあるんだ!そこで両替しよう!」と言われて両替手数料を取られました。

 

乗る前に値段交渉をしても、ここで取られたら意味ないですよね。

 

乗車中も引ったくられる可能性がある

 

  • 必要なもの以外は絶対に持っていかないこと
  • ショルダーバックはクロスして肩に掛けること
  • ポケットの中の物が落ちる可能性があるから気をつけること

 

普段履き慣れないハーフパンツを履いたり、現地で買った服など、履き慣れていない服を着ている時は注意。

 

ポケットの中の構造がいつもと違うので、落とし物をする可能性大!

 

これはタクシーでも言えることですが、態勢を変える時は、常にポケットの中身に意識するようにしてください。

 

足場のスタンドが上がっていないことがある

 

足場のバーは折りたたみ式であることが多いので、乗る前にバーを開いておきましょう。

 

乗ってから脚で畳まれているバーを開くのも、普段バイクに乗らない人だと怖いと思います。

 

バイクは車との間を通り抜けしたりするのは当たり前なので、足場の確保はしっかりとしよう!

 

マフラーに気を付けること

 

マフラー(バイクの排気口)の後ろに脚を置いてしまい火傷するという事例がかなり多いです。

 

バイクから乗る時と降りる時はマフラーの位置に注意するようにしてください。

 

100人中、1人2人はやっちゃってる印象

 

なやたね

特に女性の方々、本当に気を付けてください。

 

乗る前の段階でどちらにマフラーがあるか見ておくといいでしょう。

 

僕の知っている限りでは、向かって右側にあります。

 

つまり、左側から乗車して、左足から降りれば安全ということです。

 

安全管理が出来てないバイタクには乗らない

 

セブ島(フィリピン)はバイク事故も多い!

 

お酒を飲んでいるっぽいドライバーのバイクへの乗車や、3人乗り(たまにドライバーが提案してくる)は危険なので、やめた方がいいです。

 

なやたね

僕はセブ市の隣のマンダウエで1日4回バイク事故を見ています。

セブ島の移動手段④トライシクル

セブ島の移動手段④トライシクル

なやたね

最後に、ローカルな乗り物トライシクルを紹介します。

 

  • トライシクルとは
  • トライシクルの種類
  • トライシクル自転車タイプの料金と用途
  • トライシクルサイドカータイプの料金と用途
  • トライシクルバスタイプの料金と用途

 

トライシクルとは

 

トライシクルは、国道高速道路には出れないので、街単位のローカルな乗り物になります。

 

フィリピン内を走っている乗り物で、移動手段として利用出来ます。

 

トライシクルには大きく分けて3タイプ
  • 自転車タイプ
  • サイドカータイプ
  • バスタイプ

 

決まったルートを走っているか、貸し切って使うかの2択になるので、観光客にとっての利便性は余り良く無いですが、面白そうだなと思ったら、是非現地で利用してみてください。

トライシクル自転車タイプの料金と用途

トライシクル自転車タイプの料金と用途①
トライシクル自転車タイプの料金と用途②
トライシクル自転車タイプの料金と用途③
トライシクル自転車タイプの料金と用途

料金は8ペソ〜

 

自転車タイプのメリット
  • 街を観光するには良い
  • 短距離の移動に便利
  • 2人まで乗車可能(デートに良い)

 

パラソルも付いているから、雨の日でも濡れずに移動が出来て、後ろには荷物を載せられるところもあります。

 

なやたね

坂道はかなり辛そうに運転している。ベンツのスリーポインテッドスターやトヨタのロゴなど遊び心が出ているのが良い!

 

因みに、トライシクル(自転車タイプ)のドライバーは運転免許証は不要です。

トライシクルサイドカータイプの料金と用途

トライシクルサイドカータイプの料金と用途①
トライシクルサイドカータイプの料金と用途②
トライシクルサイドカータイプの料金と用途③

トライシクルサイドカータイプの料金と用途④

料金は高校生6ペソ〜、大学生7ペソ〜、大人8ペソ〜

 

サイドカータイプのメリット
  • 家族や友達だけで移動出来る
  • 短距離の移動に便利
  • サイドカーでの旅を楽しめる

 

前に2人乗車可能、後ろにも2人乗車可能。

 

運転免許証、LTO登録(国への申請)が必要で有り、プレート番号も車両に配置されています。

 

トライシクルの前面には、乗客がドライバーの名前を見ることができるようにまっていますので、違法や不満がある場合は、当局(警察)に言うことができます。

トライシクルバスタイプの料金と用途

トライシクルバスタイプの料金と用途①
トライシクルバスタイプの料金と用途②
トライシクルバスタイプの料金と用途③
トライシクルバスタイプの料金と用途④

料金は学生6ペソ、大人7ペソ

 

トライシクル(バス型タイプ)には、小型のタイプもあります。

 

バスタイプのメリット
  • 9人乗車可能
  • 短距離の移動に便利
  • 貸切も出来る

 

サイドカータイプ同様、運転免許証、LTO登録(国への申請)、プレート番号も車両に配置されており、トライシクルの前面には、乗客がドライバーの名前を見ることができるようにまっていますので、違法や不満がある場合は、当局(警察)に言うことができます。

 

なやたね

とにかくバイクが頑張ります。運転手の隣に1席と、客席が向かい合わせ4人ずつで9名まで乗車可能

 

かなり長くなってしまいましたが、今回はセブ島(フィリピン)の移動手段を紹介しました。

 

セブ島(フィリピン)では移動手段でのぼったくりが多いのは事実ですので、こちらの記事もあわせて読んでみてくださいね。

【被害者多数!】セブ島のタクシー・バイクタクシーのぼったくり

2 COMMENTS

Aria Athena

It is actually good that you were able to incorporate your previous blog posts into this new blog posts so that readers like me can have references to your other posts. Keep on writing and improving ~

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!