当ブログがisland teaのHPで掲載中

セブ島で大麻は合法?違法?【フィリピンは大麻に厳しい国です!】

セブ島で大麻は吸ってもいいの?

社会人

なやたね

フィリピンで大麻の所持・使用は法律で厳しく裁かれます。

 

セブ島では生活のすぐ側に大麻があります。

 

セブ島に来てテンションが上がっていても、「大麻には手を出さない方が良いです」

 

留学生だから、観光客だから大麻を吸っても大丈夫ということはありませんよ。

 

現に日本人も逮捕されています。

 

ビサヤ地方セブ市で、知り合いのフィリピン人を訪ねて日本から来た60代の邦人男性が大麻所持容疑で逮捕され、起訴された。

邦人被告は、市内の拘置施設でまにら新聞の取材に応じ、大麻の吸引を認めた上で、「フィリピンは大麻にうるさくない上、外国人なので融通が利くと思っていた」と述べ、安易な気持だったことを明らかにした。また見知らぬ人物から購入話を持ち掛けられたとも語っており、麻薬犯罪に対する認識の甘さが浮き彫りになった。(森永亨)

邦人被告は、大麻所持(0.93グラム)と公務執行妨害の罪で起訴され、セブ地裁で公判予定。大麻所持で有罪になった場合、懲役12年、罰金30万〜40万ペソが科せられる。

引用元:マニラ新聞

 

依存するとか、値段が高いとかそういう今更な話をするつもりはありませんが、フィリピンは大麻の法律が厳し過ぎるので大麻の所持・購入は行わないようにしてください。

 

 

この記事で得られること

 

  • フィリピンの大麻についての法律
  • 大麻を買っても意味ない理由
  • 絶対にセブ島で大麻を買わないという決意

 

 

この記事をおすすめする人

 

  • 意思が弱い人
  • 周りに流されやすい人
  • セブ島で大麻を吸ってみようと思っていた人

 

セブ島の治安まとめはこちら

【セブ島の治安】社会人留学をした僕の結論【危険だけど慣れます!】

 

セブ島で大麻関連で逮捕されるとどうなるのか?

フィリピンで大麻を使用・保有していた場合、最悪の場合は終身刑になります。

 

終身刑にならなくても、フィリピンの劣悪な刑務所に入るというだけで、生きた心地はしないですよね。

フィリピンの大麻使用の法律

 

大麻使用の法律(薬物検査で陽性の場合)
逮捕回数初回2回目
拘束期間半年(政府機関でリハビリ)6年〜12年(刑期)
罰金5万ペソ〜20万ペソ

出典:sensiseeds.com

 

少し優しく感じるかもしれませんが、大麻を使用している人は大抵保持してると思うので、下記にも当てはまります。

フィリピンの大麻保持の法律

 

大麻保持の法律
保有量樹脂5g未満または大麻300g未満樹脂10g未満または大麻300-500g樹脂10g以上または大麻500g以上
刑期12年〜20年20年生涯終身刑
罰金30万ペソ〜40万ペソ40万ペソ〜50万ペソ50万ペソ〜1000万ペソ

出典:sensiseeds.com

 

因みにフィリピン国内で大麻の栽培をしたら一発で終身刑です。

フィリピンで大麻絡みの犯罪はとにかくやばい!

 

フィリピンで麻薬を使うと死刑というような情報を目にしたことのある人もいるかもしれませんが、2020年時点フィリピン法律上死刑はありません。

 

フィリピンの法律
フィリピンでの死刑制度については2度廃止されており、1987に死刑制度廃止、1993年に死刑制度撤廃、2006年に死刑制度廃止となっていますので、現在は終身刑が1番重い罪ということになります。

 

しかし2016年にドゥテルテ大統領が実施した麻薬撲滅政策で警察発表8000人が射殺されています。

 

bbc Newsによるとドゥテルテ大統領は、薬物犯罪については、死刑制度の撤廃も考えいることを明かしていますので、フィリピンの大麻に関する法律はかなり厳しい部類であると言えますよね。

 

なやたね

セブ島の治安の悪い地域を夜歩いていると、たまに大麻の臭いがします。

 

「バレなきゃOK」と思う人も中にはいるかもしれませんが、大麻は葉巻くらい強い臭いがするので、臭いですぐに分かります。

セブ島で大麻は手に入りやすいから注意!

セブ島では日本とは違い大麻は生活の側にあります。

 

僕も夜のコロンストリートに行った際に、声を掛けられたことが有りますが、大麻のバイヤーと思われる人に「葉っぱ、葉っぱ」言われたことが有ります。

 

「本物かどうか試してみないか?」なんてことも言ってくるので注意。

 

ドゥテルテ政権下では、大麻の取締りが厳しく引かれていますので、大麻が販売されていると疑われている地域は、警察の巡回も頻繁。街中で堂々と大麻のお試しという訳には行かないので、怪しい場所に連れて行かれて、お試しをさせられることになります。

 

そんな状況まで話が進んでしまったら、買わないなんて言えないですよね。

 

しかし何かトラブルになった時も、警察は味方をしてくれません。

 

寧ろ捕まる側です。

 

因みに「本物かどうか」は大半の人は分からないと思いますが、このような売り文句がある以上、偽物がかなり流出しているのだと思います。

 

なやたね

地域によってはバイヤーのボスが警察に賄賂を払い、大麻の使用や販売をしている地域もあるようですが、観光客が踏み入れる域を超えています。

セブ島の大麻についての意見

大麻焼却処分:大統領府麻薬取締局はセブ市で283万ペソ相当の大麻を発見、男女計6人を逮捕し焼却処分した2018年1月16日

 

【セブ】現地警察当局が2日、市内をパトロール中の警官が職務質問した際、大麻草2株と少量の乾燥大麻を所持していた米国人男性を逮捕したと発表した。容疑者は後に大麻草2株を500ペソで購入したことを認めたものの、売人を特定することはできないという。2010年5月3日

 

【セブ】セブ市警察がこのほど、カサンバガン地区で18日に首を吊って死亡している日本国籍のハシモト・マサキさんを発見したと伝えた。部屋には少量の大麻が残されていたという。同市で自殺した日本人は今年で二人目。2014年8月21日

 

元死刑囚の日本人男性、フィリピンから帰国 12/18 9:46更新: フィリピンで大麻を所持していたとして一時死刑判決を受けた鈴木英司さん(54)が17日、拘束を解かれ、帰国を果たした。2010年12月18日

 

乾燥大麻みたいなクリスプチョコ買って「ガンジャ♪ガンジャ♪ガンジャ~♪」ってやってる動画撮ろうとしてセブ回ったけど売ってなくて悲しい2019年6月4日

 

なやたね

実際に大麻で掴まっている外国人(日本人)もいます。紛らわしい行為はしない方が無難です。

セブ島(フィリピン)で大麻を買っても意味無い

  • 巻けない人が買っても意味無い
  • 本物だとしても物が悪いから意味無い
  • 偽物が多く出回っている

 

そもそもの話ですが、大麻を手に入れても意味無いです。

巻けない人が買っても意味ない

 

紙巻きタバコなどを作ったことがある人は分かると思いますが、自分で巻くのって結構難しいですよね。

 

初心者が興味本位で大麻を買ったとしても、労力が掛かるだけですし、処理にミスがあれば逮捕されるリスクも高まります。

本物だとしても物が悪いから意味ない

 

セブ島(フィリピン)は東南アジアですので、そこで購入できる大麻がもし本物だったとしても、どの道「物が悪い」ということ。

 

上質と呼ばれる物があったとしても、一般人に回ってくる訳ないんですよね。

 

偽物が多く出回っている

 

そもそも本物かどうか分からない、本物だったとしても本物かどうか分からない程度の物を買ったとしても意味無いですよね。

 

セブ島(フィリピン)には楽しいことが沢山あるので、大麻には手を出さず堂々と人に話せる思い出を作りましょう!

 

セブ島の治安まとめはこちら

【セブ島の治安】社会人留学をした僕の結論【危険だけど慣れます!】

コメントはお気軽にどうぞ!