当ブログがisland teaのHPで掲載中

【留学ブログはウハウハ稼げる?!】絶対に踏み入れてはいけない領域を知ろう!

留学に行くからブログを始めてみようかな!どのような感じでブログ運営すればいいんだろう。

社会人

なやたね

その留学ブログを始めるのには賛成です!しかし、絶対に踏み入れてはいけない領域があります。

 

留学に行くのであれば、そこで得た経験や自分が学んだことをアウトプットしたいですよね。

 

  • セブ島の社会人留学をもっと普及させたい
  • 自分のセブ島留学の経験をアウトプットしたい
  • セブ島留学に行く人向けに役立つ情報を発信をしたい

 

僕はこんな気持ちでセブ島(フィリピン)留学ブログを始めました。

 

ブログ運営が上手く行けば、留学期間が終わる頃には副収入を得られて、将来の副収入になるかも!

 

そんな淡い気持ちを持つ人もいるかもしませんが、なんだかんだで留学ブログは独特の難しさがあったりします。

 

参考までに当ブログについてですが、この記事を執筆時点でこんな感じです。

 

なやたね

あんまり収益報告はしたくないのですが、今回はこれから留学ブログを始める人向けの参考値として掲載します。

 

留学ブログ運用状況
運用期間4ヶ月
総収益約6,000円
月間PV2000PV〜3000PV前後
月間訪問者数200人前後

 

「そんなに甘いものでは無い」と感じました。

 

それでも運用4ヶ月目にしては、検索から見に来てくれる方もいますし、収益にも繋がっていることから、自分の経験が収益として認められ始めていると言えるのではないでいしょうか。

 

僕はブログ開設2ヶ月目で、留学ブログを書くにあたり絶対に踏み入れてはいけない領域を知り、途中で軌道修正が出来たので、なんとか結果に結び付けることが出来ました。

 

留学ブログを始めるにあたり、絶対に踏み入れてはいけない領域を知らなければ、僕のブログは時間の浪費とお金の浪費に変わっていたと思います。

 

留学ブログにフォーカスしたブログの作り方を解説している記事は余り無いので有益!

 

この記事をおすすめする人
  • 留学に行く予定が有り、得た経験や学んだことをアウトプットしたい
  • 留学で得たことをアウトプットして副業や副収入を作りたい
  • 留学ブログで失敗を減らしたい

英語学習の記事は体験談に留めておく方が良い!

では具体的にどのような領域に手を出してはいけないのか。

 

一例を出しますと「英語学習」です。

 

英語学習をメイントピックとしてしまうと、セブ島留学ブログ以外にもこのような人たちのブログとも競い合うことになります。

 

  • 企業サイト・メディアサイト
  • 他の国に留学がに行った人
  • 留学関係無しに英語学習をしている人

 

なやたね

競合はかなり多く、セブ島留学に行ってきた経験をブログで活かせないという結果に・・・。

 

自分の情報整理用や、収益や訪問者数などを一切気にせず、ブログ運営をされている人もいるので、英語学習について書くのが、悪い訳ではありません。

 

せっかく留学ブログを始めるのであれば、ある程度多くの人に見てもらいたいし、自分の経験に収益が付くのであれば、収益化したいという気持ちはありますよね。

 

留学ブログを運営していく上で、留学と英語学習は切っても切り離せない関係だと思いますし、実際に僕も書いていますが、英語学習の記事は、体験談程度に留めておく方が良い!

 

  • 留学でどのような英語学習が出来るのか
  • 留学に行ったらどのくらい英語が上達するのか
  • 実際留学はどのような感じなのか

 

読者の方は、ブログを通して英語を学びたい訳では無く、留学を通して上記の情報を求めていることを理解した上で留学ブログを作っていくことが必要!

留学ブログで絶対に踏み入れてはいけない領域3つ

留学ブログを始める前に注意したいのが「誰に向けて何を書くのか」ということを決める必要があります。

 

当たり前のようなことを言っているように思うかもしれませんが、頭では「これから留学をしたい人に向けて書く!」と思っていても、中々一貫性が保てなかったりします。

 

なやたね

実際に僕も留学ブログを始めた時はターゲットがブレブレでした。

 

  • 現地滞在している日本人に向けたブログ
  • 現地滞在している外国人に向けたブログ
  • これから留学に行こうとしている人に向けたブログ
  • これから旅行に行こうとしている人に向けたブログ

 

性別や年齢(大学生や社会人)などでも留学理由や求める情報は変わってきますし、全てを網羅するのは無理ですよね。

 

ブログのメインテーマとして、留学ブログ初心者が書きやすいのは、過去の自分に向けて留学生活の体験談を書く!ということ。

 

なやたね

「大学生向けに留学記事を書くのか」「社会人向けに留学記事を書くのか」だけでもだいぶ記事の内容が変わってきますよね。

 

自分が困ったことや、悩んだことであれば、ペルソナ(読者が抱える悩み)にコミットしやすいので、最低でも過去の自分と同じことを考えている人にはウケるブログが作ることが出来ると言えます。

 

それであれば何を書いてもいいのかと言うと答えはNOでして、これらの領域については踏み入れない方が良いです。

 

  • メディアが強い領域
  • 現地滞在者を対象にした領域
  • 検索されない領域

 

メディアが強い領域

 

人気の検索ワードやビジネスになる部分には企業のメディアサイトがずらっと並んでいますので、個人が割って入るのは難しいです。

 

  • 網羅的な語学学校一覧
  • 網羅的な留学エージェント一覧
  • 網羅的な観光名所一覧

 

これらの情報をかき集めて完璧に仕上げたとしても、企業には100%勝てません。

 

おそらくウェブの1ページは疎か2、3ページ目にもあなたはブログが表示されることは無いでしょう。

 

このようなジャンルをまとめるようなブログを作るのはかなりきついので、特段理由が無い限りは「体験談のみにフォーカス」して記事を書いて行く方が良いと言えます。

現地滞在者を対象にした領域

 

現地に滞在している日本人の人に比べると、自分はたかだか留学に行った程度。

 

経験量や知識量では絶対に勝てません。

 

なやたね

経験量や知識量の差で絶望することも・・・。

 

勝てないと思ったら、勝負にいかないというのも手。

 

下記のような分野は普通に現地で留学をしていたら専門外だと思うので、網羅的に無理して書こうとせずに譲った方が良いと言えます。

 

  • 現地で就職をする方法
  • 不動産、投資情報関係
  • ビザ、永住権

 

このような部分は絶対に現地に住んでいないと、体験談として記事が書けないジャンルなので、手を出さない方が良かったりします。

 

情報を調べてかき集めたところで無理なので、辞めておきましょう。

検索されない領域

 

ここの領域も注意!

 

全く人気の無い現地のお店や体験などを書いても、誰にも検索されません。

 

例えば、僕がセブ島(フィリピン)で、たまたまとうもろこしを食べたとして「フィリピンのとうもろこしが美味過ぎる!」という記事を書いても、そもそも誰も「フィリピン+とうもろこし」で検索しませんよね。

 

なやたね

これが「日本 とうもろこし」であれば調べる人はいるかもしれませんが、留学ブログの場合は検索量が、ほぼ皆無な領域があることも知っておかなければいけない!

どのようなことを軸に留学ブログを書けばいいのか?

「じゃあ何書けばいいんだよ!」

 

と思う人もいるかもしれませんが、あくまでも書くべき記事の軸は「過去の自分に向けて、自分の留学生活の体験談」です。

 

個人の留学ブログの強みは、留学で得た体験談を自分の言葉(感じたことや思ったこと)を記事にすること。企業掲載の体験談では無く、個人の留学体験談を欲しがっている人は沢山います。

 

シンプルな答えに見えますが、これが結構難しい。

 

その理由は、留学ブログをやっていくと、それなりに調べたりもすると思うので、自分の知識も増えていくからです。

 

例えば「セブ島の治安」という記事を書いていたとして、情報量や知識面は網羅していたとしても、自分の体験談が入っていないことにより、読者からの共感を得られなかったり、オリジナリティーに掛けてしまう。

 

なやたね

一時期、体験談よりも知識発信寄りの記事を書いていた時期もありました。

 

知識が深まれば、その知識に対する自分の体験談を再度見直してみてリンクするところが無いか考えてみると、知識発信と体験談のバランスが良い感じになると思います。

それでも留学ブログは難易度が低い

ここまで読んでくれた人はもしかしたら「留学ブログって難しいのかな?」と思ったかもしれません。

 

しかし、下記の理由で留学ブログの難易度は比較的優しい方だと僕は思います。

 

  • ネタ切れが起こり難い
  • 継続しやすい
  • オリジナリティが作りやすい
  • お金が掛かり難い

ネタ切れが起こり難い

 

ブログを書いている人がぶつかる大きな壁としてネタ切れがあります。

 

最初の頃はネタ切れとは無縁のブロガーライフを送る人も多いかもしれませんが30記事・50記事・100記事となっていった場合、話が変わってきます。

 

例えば、読書関係のブログを書いている人であれば、本を読まなければいけませんし、雑記ブログを書いている人でさえも、ネタ探しに時間を使って記事のネタを考えます。

 

気分が乗らない時には、ネタ探しが捗らないことも・・・。

 

留学ブログに関しては、留学をしている状態=常にインプットをしている状態と言えるので、毎日新しい経験、発見、学びに恵まれている環境。

 

なやたね

留学ブログはネタ切れが起こり難いと言えますね。

継続しやすい

 

普段の生活+ブログは中々続きません。

 

その理由は、ブログの結果(収益)が出るのは早くて1ヶ月〜3ヶ月掛かるからです。

 

慣れないブログで収益無しの期間が数ヶ月続くだけで、「やってられっか!」と言う話になります。

 

しかし留学期間中であれば、普段の生活から解離していることからブログを続けることはそこまで苦では無く、留学期間中もしくは、留学が終わる頃に、なんらかの結果が出始めるタイミングがやってきます。

 

留学ブログはモチベーション的にも継続しやすい環境であると言えますよね。

 

なやたね

僕もブログを始めて3ヶ月目、4ヶ月目でようやく収益や訪問者さんが増えてきたという感じです。

オリジナリティーが作りやすい

 

留学は十人十色なので、自分が感じたことや経験したことに100%の被りがありません。

 

つまりオリジナリティーのあるブログが作れると言うことになります。

 

「そんなの当たり前だろ!」と思うかもしれませんが、他のジャンルだと結構似たり寄ったりのブログもあったりします。

 

例えば、英語の勉強の仕方なんてブログがあったとしたら、どこも似たり寄ったりの教科書みたいなこと書いてるじゃないですか。

 

それだけオリジナリティーを作るのは難しいことであると言えます。

 

留学ブログの場合は、体験談が多い分オリジナリティーが出しやすいジャンル。

お金が掛かり難い

 

ブログやっていると出費が意外と多い!

 

ドメイン代や、サーバー代(有料版はてなブログ)などは必要経費として、有料画像の購入や、本格的にやる人は検索順位ツールのライセンスを購入したりもします。

 

画像について、フリーの画像を使うことも出来ますが、欲しい画像がちょうど無かったりするんですよね。

 

画像が見つかったとしても、明らかに質が悪い。

 

なやたね

無料の画像なので、文句の付けようも無いんですけど・・・。

 

留学ブログの場合は、現地で写真を取れるので写真の問題から開放されます。

 

因みに有名ブロガーさん達だと(月350枚年間プランで20万)などの費用を掛けて写真を購入する人も少なく有りません。

 

「高過ぎだろ!」と思う人もいるかもしれませんが、ブログを作るにあたってそれだけ画像が重要視されているということが言えますよね。

 

画像に対する支出を減らせる留学ブログは総合的な費用を下げられるので、ブログを始める敷居が低いジャンル!

留学ブログまとめ

留学ブログが稼げるかどうかの保証は出来ませんが、留学経験をアウトプットしないまま古い情報にしていくのは、正直勿体ないと思います。

 

過去の自分に向けて留学生活の体験談を書くことで、あなたの体験談は誰かの為になりますし、ブログを書くということは更に留学について知ることにも繋がるので、自分自身の経験の整理にもなります。

 

ブログを開設していつでも記事を書けるようにしておきましょう!

 

初心者におすすめのASP

◆初心者応援アフィリエイト◆アクセストレード

コメントはお気軽にどうぞ!