当ブログがisland teaのHPで掲載中

【コロナウイルス】セブ島留学学校の教師とオンライン英会話教師の明暗

こんにちは、自粛中のなやたねです。

先日までセブ島に留学をしていました。コロナウイルスの影響で想定していた期間よりも早く帰国をすることとなり、現在は日本にいます。

日本でも、コロナウイルスの影響により、リストラや倒産など暗いニュースを目にすることが増えていますが、セブ島の英語会話教師の現状がかなりやばいと個人的には思います。

今回は留学学校の教師の現状と、オンライン英会話教師の現状の比較を行っていきます。

事前の情報として、セブ島は3月28日にロックダウンしています。セブに残っている日本人も24時間外出禁止という厳しい環境下で生活をしています。

現在もロックダウンは続いており、セブ島への入国が出来ない状態は続いています。

セブ島のロックダウンについての詳しい時系列はこちらからご確認ください。

【体験談】セブ島は都市閉鎖(ロックダウン)が発令されてこうなった

留学学校の先生が全員解雇になりました

少し時間を遡りますが、3月中旬にセブ島内の留学学校は全て休校となりました。

ロックダウンが解除されるまで外国人はセブ島に入国が出来ないので、現在は新規の入学はありません。

僕も含め、殆どの学生はロックダウン前に日本に帰国しました。

生徒がいないと言うことは先生の仕事が無くなるということになります。その結果僕が通っていた留学学校のフィリピン教師は一部のネイティブを除き、3月末で全員クビになりました。

この一文だけ見ると可哀想とか、酷いとか思うかも方もいるかもしれません。

僕も最初は「留学学校酷くね」と思っていました。

しかし今思えば留学学校のこの対応は正しかったと思っています。

もし、先生の雇用を続けた場合、先生達に支払う給料は、会社に内部留保されているお金で支払うか、もしくは僕たちの授業料から支払われていたことでしょう。

さらに長期化することを考えるとこの対応は会社経営の視点からすると仕方なかったのかもしれません。

現在は留学期間が残っていた生徒を対象に受けられなかった分の授業料の返金が始まっています。

場合によっては、ロックダウン解除後に再留学を無料で受け付ける学校もあります。

僕たちは生徒という立場ではあるものの、留学学校からしたらお客さんになります。

留学生の立場からしたら顧客第一主義で対応してくれた留学会社に感謝しています。

しかし、これは留学生側の視点であり、フィリピン人の先生側の視点に立った場合、かなり深刻です。コロナウイルス発生の序盤から仕事が無いという状況に陥っています。

次の項目でフィリピン人の先生達の現状について触れていきます。

留学学校をクビになった先生達の現状

多くの先生が留学学校を解雇された後、自分の故郷に帰りました。

留学で多くの語学学校が集まるセブ市は、先生達からしたら物価が高く、仕事が無いのであれば、セブ市付近に滞在するメリットはありません。

僕と仲が良かった先生はボホールに故郷が有りますが、昨日電話で話したところ、家族のいるボホールにはまだ帰れておらず、途中の位置のラプラプで親戚宅に滞在しているとのことでした。

ボホールにある自分の家の近くでコロナウイルスの感染が有り、家族を心配しながらも、帰ることが出来ない状況が続いている。このような状態なので次の仕事を探す余裕は無いとのことです。

彼女はフィリピーナなので、笑顔で話してくれましたが、結構深刻だと思います。

フィリピンでは、医療が発達していないため、日本の感覚で大したことが無いという様な病気でも大げさに捉えます。

今回のコロナウイルスは特に警戒しており、仕事どころでは無く故郷に帰っている人が多いです。

場合によっては故郷に帰ることすら出来ない人もいます。

残念ながら日本のように仕事が無いからといって、給付金が出るという仕組みもありません。

オンライン英会話の教師の現状

切り口を変えてオンライン英会話の先生の現在についても触れて行きます。

ステイホーム中の日本で政府も推奨していることから、通常よりも多くの人がオンライン英会話を利用しているように思えます。

ツイッターでも「最近オンライン英会話を始めました」「英会話出来なさ過ぎて絶望しました」などのツイートを多く見かけるようになりました(笑)

2年以上オンライン英会話を行っている僕の感覚としても「平日昼間の授業コマがこんなに埋まっているは初めて見た」というくらい需要があります。

人気の先生は平日昼間ですら取り合いになっています。

参考までに僕のオンライン英会話の詳細はこちら

英語が全く話せない僕がオンライン英会話を2年間行なった結果

DMM英会話では、5月1日(金)夜、ユーザーの集中アクセスにより、サーバーに負荷が掛かり接続不良が起こっていました(現在は解消済み)

急増している層  目的
社会人 テレワーク時のスキルアップの選択肢、
学生 学業の継続の選択肢
子供 子供英会話の代用、子供の暇潰し
留学途中帰国組 不完全燃焼で帰国したことによる英会話学習の継続
オフライン英会話組 オフラインの英会話教室の代用

勿論、既存でオンライン英会話をやっていた層はお金の問題を除き、外出や娯楽が制限されている現状は殆どの人が継続している思われます。

実質オンライン英会話が英語を習いたい全ての層を飲み込んだと言えます。

先生側の感覚としても4月の給料は増えているとのことでした。

オンライン英会話の教師はフィリピン人が多く、大学生がやっていることも多いです。

フィリピンも学校が休学となっており、外出も制限されていることから、先生たちもレッスン数を増やして対応しています。

僕はやらしい人間なので、仲良しの先生に実際に数字まで聞きましたが、プライバシーの関係上、ここでは載せられませんが、明細を見せて貰った感じ通常の3倍くらいの増加でした(笑)

コロナウイルスの環境下で他の兄弟・家族の仕事が滞る中、日本人がオンライン英会話を多く利用してくれることは、オンライン英会話教師からしたら収入面でとても助かる結果となります。

留学学校教師とオンライン英会話教師の明暗

ざっくり留学学校教師とオンライン英会話教師のサラリーの比較です。厳密な額を出してしまうと怒られてしまうと思うので、少し濁してます。

フィリピンは月に2回給料日が有り、支払額合計から10%税金が引かれます。

業種 時間 1レッスンあたり
オンライン英会話 25分/1レッスン 約60ペソ
語学学校 50分/1レッスン 100-150ペソ

通常時は、オンライン英会話のレッスン予約が全て埋まることを仮定するのでならば、留学学校教師との給料による差異は殆ど無いと思います。

実際には毎日レッスン予約が埋まるということはほぼ無いので、仕事が安定している分、留学学校教師の方が安定しているように思えます。

しかしコロナウイルス環境の場合は、大逆転が起こりました。

留学学校教師の給料は無収入となり、オンライン英会話教師の給料は格段に上がりました。毎日レッスン予約が埋まる先生もかなり多い状況です。

おそらく、留学学校教師の方が英語を教える能力は長けているでしょう。しかしそれだけではコロナウイルス環境下ではお金になりません。

ではその先生達も「オンライン英会話の先生になればいいのでは無いのか?」と思いましたが、オンライン英会話の教師になるには、下記の問題をクリアしている必要があります。

オンライン英会話の教師はインターネット環境の敷居が高い

  • パソコンが必要となる(ネットカフェを使う場合は1時間10〜30ペソ)
  • 3MBPS以上の回線速度のLAN契約が必要(1ヶ月1500ペソ)
  • 回線速度が遅い地域だと、オンライン教師の登録が出来ない

環境が整っていない人からするとかなり厳しい出費と環境構築が必要になります。

同じようなことを仕事にしていても、ここまで差が出るとなると、今後コロナウイルスが終息に向かったとしても、フィリピン人の働き方や留学学校の位置付けなど大きく変動するような気がします。

まずは、安全が第一ですが、留学学校の先生達が無事に再就職出来ることを祈っています。

2 COMMENTS

Aria Athena

I hope your friend can make his/her way back home! It’s saddening that some teachers were laid off due to the pandemic. I hope that your friend can find other job that can make him/her work online.

With regards to the healthcare system in the Philippines, the government is offering free healthcare (limited only to government hospitals). But then, during this crisis, the top priorities are those people who are COVID+ and those with minor injuries are encouraged to transfer to private hospitals (which are very expensive). This is really a very hard time to be injured or be in an accident because you’ll be referred to a private hospital. The government is also trying to lessen the number of infected people so they want other patients to go to private hospitals (since only government hospitals will treat COVID-19 patients) and only those who are in critical conditions or those who can’t really afford to go to private hospitals can be admitted to the government hospitals to be treated.

Overall, I hope that this crisis will end soon .

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です