当ブログがisland teaのHPで掲載中

【セブ島旅行】トライシクルの種類と料金について

こんにちは、なやたね(@nayatane_cebu)です。

今回はセブ島での観光用移動手段として、トライシクルについて紹介したいと思います。

トライシクルとは
フィリピン内を走っている乗り物で、移動手段として利用出来ます。バイクタイプから自転車タイプまで様々な種類があります。

トライシクルは、国道高速道路には出れないので、街単位のローカルな乗り物になります。

セブ島で走っているトライシクルの種類と料金

トライシクルには大きく分けて3タイプあります。
  • 自転車タイプ
  • サイドカータイプ
  • バスタイプ

トライシクルの自転車タイプ

料金は8ペソ〜

自転車タイプのメリット
  • 街を観光するには良い
  • 短距離の移動に便利
  • 2人まで乗車可能(デートに良い)

自転車タイプのドライバーには、運転免許証や運転免許証はありません。

坂道は辛そうだね

留学生

パラソルも付いているから、雨の日でも濡れずに移動が出来ます。

なやたね

もはや人力車だな
なんか遊園地みたい

留学生

なやたね

ちゃっかり、ベンツのロゴのスリーポインテッドスターが付いているあたり、親しみが持てるね!

後ろには荷物を載せられるところもあります。

なやたね

おや?ここにも見覚えのあるロゴが・・・

トライシクルのサイドカータイプ

料金は高校生6ペソ〜、大学生7ペソ〜、大人8ペソ〜

サイドカータイプのメリット
  • 家族や友達だけで移動出来る
  • 短距離の移動に便利
  • サイドカーでの旅を楽しめる

運転手は運転免許証を所持している必要があり、車両は陸上輸送局(LTO)に登録されている必要があります。車両にはプレート番号が記載されている必要があります。トライシクルの前面に表示されるため、不満がある場合、当局に不満を言うことができます。

前に2人乗車可能です。

後ろにも2人乗車可能です。

しっかりデザインされていておしゃれです。

留学生

なやたね

中々の痛車だろ?

トライシクルのバスタイプ

料金は学生6ペソ、大人7ペソ

バスタイプのメリット
  • 9人乗車可能
  • 短距離の移動に便利
  • 貸切も出来る

転免許証も必要です。LTO登録が必要で、プレート番号も車両に配置する必要があります。乗客がドライバーの名前を見ることができるように、トライシクルの前面に配置されています。トライシクルの前面に表示されるため、不満がある場合、当局に不満を言うことができます。

これが実現可能なのが、僕には理解出来ませんが、バイクが頑張ります。運転手の隣に1席と、客席が向かい合わせ4人ずつで9名まで乗車可能です。

なやたね

よく考えついたよね
バイク頑張れー!

留学生

トリシカルバス型タイプには、小型のタイプもあります。


大型及び、小柄のトライシクルはルートが決まっていますので、行く先を確認するようにしましょう!

まとめ

価格はあくまでも参考価格になります。地域、道、貸切にする場合は、条件によって金額が異なるので、予め妥当だと思う金額を決めておきましょう。

セブ島での移動手段というよりは、観光目的の乗り物になりますので、面白そうだなと思ったら、是非現地で利用してみてください。

なやたね

セブ島での移動手段はこちらの記事にまとめています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です